インデックス投資に追加したい!個別株のGoogle, VISAと米国ETFのVUG, VIGを比較してみた

虫眼鏡で調べる少女

今回はタイトル通り【Google】【VISA】と米国ETFの【VUG】【VIG】を比較してみます

Google, VISA, VUG, VIGを比較する理由

なんでこれらを比較するか?

「私が欲しいからです!」
と言ったらそれまでなんですけど、、

数年前からインデックス投資を徐々に積み立てていて、具体的にはVOOeMAXIS slimオールカントリーを定期的に買って増やしてます

この2つはザ・インデックス投資!って感じで特に不満とか全然ないんだけど、
なんか面白くないなと、、

そこでもう少し値上がり益重視のやつを加えることにしました
色々調べて結果的に、

  • Alphabet【GOOGL】:個別株
  • VISA【V】:個別株
  • VUG:大型グロース株ETF
  • VIG:増配特化型ETF

のどれかを加えようと考えました

インデックス投資!って言ってんのに個別株が候補に入っているという矛盾・・

いーんだよ、好きでやってんだから

しかしネットで調べても誰も比較してない

そりゃそうだよね
全然関連性とかもないし

だったら俺がやるしかー、、ナイスワーン!
(土曜朝のJwave聴いてる人は分かるはず)
(ハリー杉山って有名なのかな)

前からこの4つが気になってることは以下記事を参照ください
Google株, VISA株と米国ETFのVUG, VIGのどれ選ぶかって“高級車選び”と同じだよね

それでは比較していきます

運用開始日で比較

  • GOOGL:2004年8月(IPO)
  • VISA:2008年3月(IPO)
  • VUG:2004年1月
  • VIG:2006年4月

まぁ、、これは参考です

GoogleとVUGが最も長く16年前に上場、運用開始しています

経費率の比較

  • GOOGL:無し
  • VISA:無し
  • VUG:0.04%
  • VIG:0.06%

個別株は経費はかかりません

そしてETFのVUG、VIGも0.1%を切っていて、大変良心的な経費率です

1年リターンの比較

  • GOOGL:28.91%
  • VISA:13.11%
  • VUG:24.10%
  • VIG:3.19%
  • (参考)S&P500:8.43%

1年リターンはGoogleが一番高い
次いでVUGです

他方、VIGが一番低い、、
参考データのS&P500よりもリターンが低いですね

グロース株を集めてない増配株のETFであるVIGが短期的には負けちゃうのは仕方ないんですかね?

10年リターンの比較(年率)

  • GOOGL:19.57%
  • VISA:26.84%
  • VUG:15.55%
  • VIG:12.12%
  • (参考)S&P500:11.11%

10年リターンはどれもこれもS&P500を上回っています

すげ〜な

特にVISAはスゴいっすね
4つの中で最もリターンが高いです

10年前と比較して株価は11倍!

注)10年リターン(年率)は5月末のデータで比較してます

3月のコロナ暴落前後の値動きで比較

3月のコロナショックの前後の値動きを比較してみました

それぞれコロナショック前の高値からどれくらい変化したか%で表しています

コロナショック前後の値動き

VUGの回復率はスゴいですね、
もうコロナ前の高値に戻してます

確かにVUGの保有率上位のAmazonなんかは今の株価がもはやコロナ前高値の3割増しですからね、、

一方でVIGの戻りは比較的冴えませんね、
参考のS&P500の回復率より下回っています

とは言え、
VIGも88%まで戻してますから高配当ETFのSPYD(回復率:7割弱)とかに比べたら、
まぁ頑張ってるかな

なおコロナショック底値に至る下落率はすべての銘柄でS&P500よりも抑えられています

直近配当利回り(税込)の比較

  • GOOGL:無配当
  • VISA:0.62%
  • VUG:0.79%
  • VIG:1.61%
  • (参考)VOO:1.68%

さすがに増配ETFのVIGの配当利回りが高いですね

1%台で高配当とは言えませんが、一株あたり配当金は年々安定的に増配しています

ただ直近利回りはVOOを少し下回ってます

純資産総額(時価総額)で比較

  • GOOGL:10Bill $
  • VISA:4 Bill $
  • VUG:56 Bill $
  • VIG:42 Bill $

個別株よりETFの方が資産総額は大きいです

一極集中より分散投資が人気ってことですかね?

保有銘柄数で比較

  • GOOGL:1名柄
  • VISA:1名柄
  • VUG:276銘柄
  • VIG:225名柄

ETFのVUGとVIGはどちも構成銘柄が200を超えています
まぁ、これも参考程度

構成銘柄の比較

GOOGL、VISA

みんなが知ってる有名ハイテク企業です
以上!

VUG

保有率上位は以下の通り、

  1. Microsoft Corp
  2. Apple Inc
  3. Amazon.com Inc
  4. Facebook Inc
  5. Google(Alphabet)
  6. VISA

グロース株を集めたVUGにはGoogleもVISAも入ってますし、マイクロソフトもアップルもAmazonもMasterCardもグロース有名企業は何から何まで入ってます

VIG

保有率上位は以下の通り、

  1. Walmart Inc
  2. Microsoft Corp
  3. Johnson&Johnson
  4. VISA
  5. United Health Group Inc

VIGは10年以上の連続増配企業に特化してるのでマイクロソフトとVISAは入ってますが、やはりグロースと言うよりWalmartとかJNJとか歴史的な長期増配企業が主です

まとめ:VUGを2年後から積立に決定!

うーん、しかし迷うね 笑

実は前からGooglとVISAを少し保有してます

特に積み立ててるわけじゃなくて、3年前にスポットで買って放ったらかし

今敢えて変更するならグーグルをVUGに乗り換えかな

しっかし比較してみたらVIGの魅力が色褪せてきたなぁ

ここ10年の相場は配当系よりハイテクグロース系の天下!って感じがします

それに配当狙いならもっと利回り良いのがあるし、、
てかVOOで良くね?

と言うことで、
買うならやっぱりVUGかな

どっちにしても今は投入資金がありません 爆)
別でやってるSPYDの積立てを2年くらいで止める予定なので、その後からVUGを積み立てることにします

因みに同じくハイテクETFのQQQとVGTについてはガッツリ積立てるつもりはありません

だってみんな買ってるからつまらん

QQQは名前がカッコいいから楽天ポイントでチョロチョロ積立してます

注)2020年6月23日現在の情報に基づいた記事です

関連記事

【米国ETF】ハイテク・グロース株を集めたQQQ, VGT, VUG, XLK, を比較してみたぞ!違いはあるの?

【米国ETF】増配特化型のSDY, VIG, DVYについて比較したぞ!本当に増配してる?

QQQの最新の損益について書いてます


いろいろ比較シリーズの記事一覧

ETFとか

投資信託とか

個別株とか

口座とか

関連アイテム

参考リンク

Bloomberg

ブログランキングに登録しています。
クリックしてもらえると大変励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です