クロス取引の年間利益まとめ!自分の稼ぐ力がどれくらいあるか考えたぞ!

昨年はコロナで株主優待の内容変更や期限延長などクロス取引に大きく影響した年でした

クロス取引の年間の利益を振り返って、本業以外で自分の稼ぐ力が月平均でどれくらいあるのか考えてみます

2020年のクロス取引は3月のみ

昨年のクロス取引の成果は以下

  • 実施月:3月のみ
  • 銘柄数:37
  • 手数料:2万6千円
  • QUOカード:7万円
  • 利益:+4万4千円

2020年のクロス取引は3月だけしかやりませんでした

それでも4万4千円の利益が出ました

QUOカードをまとめた束はなかなか分厚いです

すき家の食事券とかも含まれてますけどね

2019年と同じく、9月、12月も頑張ろうかと思ってたけど、結局めんどくさくなってやめちゃった

コロナの影響で株主優待が本当に使えるのか?いつまで使えるのか?が不透明だったのが大きいですね

実際非常事態宣言で外に出れなくなったせいで株主優待を使って飲んだり食べたりするのも難しかったですし、、

コンビニは営業し続けてたのでQUOカードはガッツリと取得しました

クオカードには有効期間が無いので、これから何年先まで使わなくても、使えなくなることはありません

しっかし最近はキャッシュレスに慣れてきて、コンビニでもスマホで払う方が断然楽
なもんで、QUOカードを使わない場面が結構あったりして、、

クロス取引も副業のうち?

クロス取引って副業ですかね?
どうなんでしょう?

以下は昔の記事ですが、
副業は労働。楽しんでやるクロス取引は不労所得。不労所得と副業収入は違う
みたいなことを書いてます

過去記事:【考察】副業するなら業務時間内にすべし!

けど、「本業とは別で時間と手間をかけてお金を稼ぐ」という点ではクロス取引も副業といっても良い気がします

まあどっちでも良いや 笑

私としては、副業でも不労所得でも「本業以外で稼ぐ力が欲しい」ってのが大事な部分です

クロス取引で稼ぐ力は年間8〜10万円

2020年はクロス取引を始めて3年目でした

  • 1年目:手探りで毎月取得して利益は+8万円
  • 2年目:3月、9月、12月に絞って利益は+7万円
  • 3年目:3月のみ。利益率の高いものに絞って利益は+4万4千円

って感じ

だから毎月小さくても利益率の高い株主総会を取得してたら8万円は行くだろう(10万円届くかも?)と言うのが感触です

つまり月平均で7千円くらいの利益が見込めるわけです

月1万円の稼ぐ力が欲しい

具体的な目標としては本業以外で月1万円くらい稼ぐ力が欲しいですね

1万円は何となくです、
まあまあ稼いでるって感じがするから

んで、今の私の稼ぐ力をまとめると、

  • クロス取引:月+7千円
  • IPO投資:月+4千円
  • ブログ:月-1千円(赤字)

IPO投資は3年に1回の当選確率で約15万円の利益出してるから、月平均4千円としました

過去記事:大和証券でIPOに当選!抽選申込〜初値売りまでの流れと利益は?

ブログはいつも通り、レンタルサーバー代金をしっかり払って赤字です 笑

ということですが、合計したら月1万円はクリアしています

イェーイ!

あとはブログで稼げたら良いけどね
5年くらいダラダラ時間かけて黒字にしたいっすね

関連記事

リスクゼロのクロス取引は年利のバカ高い2週間定期預金と同じです
3月の株主優待が続々到着!クロス取引は年利15.6%の定期預金と同じ?!

クロス取引はアリかナシかについて書いた話
株主優待のクロス取引はどのように使うべきか?誰が儲けて、誰が損しているのか?

関連アイテム

ブログランキングに登録しています。
クリックしてもらえると大変励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です