【落ちるナイフ】コロナショックで安値になった株を拾ってみたぜ!

落ちるナイフ

3月の終わりから4月にかけてコロナショックで安値になった株を買いました

今回は買った銘柄の紹介です
いきなり減配の連発で勉強させていただいております 笑

コロナショックの暴落で安値の株を買ってみる

2月からコロナショックで株式が暴落して、私も始めは静観していようと思ってました

ぎゃーぎゃー騒ぐ世間に対して冷静に、

ハイハイ、
長期投資するならこんな事は何回も起こりますよ、
焦ってはいけません

とか説教垂れながら、『決まった銘柄、金額、タイミングで淡々と愚直に積立投資しよう』と思ってました

しかしながら、、

「せっかくこんなに下がったんならちょっと買ってみるか、ヘッヘッヘッ」

すけべ心が出てきましたね

そうなるともうね、止められないっす

自分の心に正直に生きないと、人生つまらんですよ

屁のツッパリにもならんぜよ

今回購入した銘柄

以下の4枚柄買いました

  1. NTTデータ【9613】:日本株
  2. リコーリース【8566】:日本株
  3. インベスコ【IVZ】:米国株
  4. シェル【RDS-B】:米国株

フッフッフ
全部個別株です
潔いでしょー 笑

こういうスポット投資?ギャンブル投資?には投資信託とかETFより個別株の方が株価の上げ下げの理由が分かりやすいから好きですね

最初から別に狙ったわけじゃないんだけど、増配もしくは高配当銘柄ばっかりになっちゃった

株価がコロナショック前から半値以下まで急落して大きい会社で面白そうな会社をフィーリングで選びました
(ごめんなさいね、こんな感じで)

インベスコ【IVZ】とロイヤルダッチシェル【RDS】がいきなり減配!

ギャース!!

まぁなんつーか、いきなり勉強させてもらってますわ

いやー、、
インベスコはまだしもシェルの減配はちょっと予想してなかったですね

だって第2次世界大戦後、1回も減配なかったんだよ?
えっ、今する?
俺、2週間前に買ったんだが?
過去の70年どこいったん?
・・・

まぁ、いいーっすわ(開き直り)

今回買った銘柄は株価が上がるまでは2年くらい持つつもり

損切ラインは、、20%かな

まとめ:投資とギャンブルに違いはあるのか

今回は“【落ちるナイフ】コロナショックで安値になった株を拾ってみたぜ!”について書きました

こういう値上がり目的で個別株買うときは限りなくギャンブルに近いような気がしますね

だって株価が将来どうなるかなんて分かんないからねぇ

実際に歴史的な減配が起こってるし

個人的には投資だろうがギャンブルだろうが楽しけりゃいいと思ってます

とにかく身を亡ぼさなければ良いんじゃないでしょーか

関連記事

投資より”収入を上げて支出を下げる”のが資産増には近道だと思います
【実践】サラリーマンはどうやって資産を増やすべきか?投資の前に支出を知るべし !

配当目的の銘柄でシェルみたいに減配したら即売ることに決めています
【配当金生活】GEの減配から自分の投資方針を確認するぞ!

関連アイテム

ブログランキングに登録しています。
クリックしてもらえると大変励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です