【実践】サラリーマンはどうやって資産を増やすべきか?投資の前に支出を知るべし !

USドルについて考える

みなさん、サラリーマン生活楽しんでますか??

今回はサラリーマンの資産の増やし方について、ちょっと頭を整理したいと思います。

私がサラリーマンなので便宜上サラリーマンと言ってますが、毎月決まった給料を受け取る公務員も考え方は同です。

サラリーマンの資産の増やし方

サラリーマンの資産の増やし方は以下に集約出来ます。

  1. サラリーを増やす
  2. 支出を減らす
  3. 毎月の収支のプラスを投資に使う(オプション)

これは別に公務員でも同じはず。

私の場合も資産を増やした方法は、上記の1、2を極限まで引き伸ばしたことで結構早い段階で総資産が増えました。

具体的には、

  • 積極的に危険な場所に赴任してサラリー(危険地手当)を増やす。
  • 赴任地では体を壊す限界まで働き、残業代を稼ぐ。
  • 危険地域では禁欲的な(囚人的な?)生活を強いられることで出費が極端に減る。

と言う生活を若い時は繰り返していました。

非常に職場環境に依存する手法なので、再現性は全然ありませんね。。
すいません。

その中で、余裕資金で3の投資にも手を出し始めて今に至ります。

毎月の収支をプラスにすることが必須

資産を増やすためには「毎月の給料」 ー 「毎月の出費」をプラスにする事が絶対必要です。

当たり前なことですけど、これが出来ている人って世の中にどれくらいいるんですかね??

特に、毎月いくら給料として振り込まれるか気にしていても、いくら使ったか把握していない場合は、資産を増やす手段として「サラリーを増やす」しかないので片手落ち状態です。

そうなると、当然効率は半減します。

資産を効率よく増やしたければ、収入と支出をどちらも確認するのは絶対条件。

そして収入を増やし(=本業を頑張る)、支出を減らす(=収入レベルにあった生活を送る)ことを考える。

投資はオプションとして考える

収支がプラスになった分について投資に回すとより効率良く資産を増やせます。

ここで言う投資は本を読んだり経験を買ったりする自己投資を含んでも良し。

iDeCoとか最初から給料天引きで積立投資する方法もありますけど、元々の収支がマイナスなのに、そこから更に投資するってのは根本的に間違っていると私は思います。

まとめ

今回は”【実践】サラリーマンはどうやって資産を増やすべきか?投資の前に支出を知るべし !”について書きました。

サラリーマンが資産を増やす方法はどう考えてもシンプルです。
要するに、

  1. 本業を頑張って収入を増やす
  2. 収入に見合った生活(支出)を送る
  3. 余裕資金を投資に回す

これが基本です。

ギャンブルや投機で一攫千金を狙うのも夢があって良いですが資産の増やし方としては脆弱といえます。

関連記事:社会人3年目で資産が1千万を超えた話

関連アイテム

ブログランキングに登録しています。
クリックしてもらえると大変励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

にほんブログ村


@SEMINOR:人気の無料マネーセミナー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です