コロナショックで資産が1千万円消失!暴落事にこそリスク許容度が分かるぜ!

週末に家計簿を更新したらなかなかヘビーな値を叩き出してくれました 泣

今回はコロナショックによる暴落が私の資産に与えた影響と自分のリスク許容度について書いていきます

コロナショックで資産が20%下落

今回の暴落騒ぎで2月には5,100万円あった資産が4,100万円まで下がりました

この1ヶ月で1千万円が消失しました
うへー、、

年末に、「準富裕層入りしたでー」みたいな記事書いた途端にこれですわ

要するに資産額なんてものは水もので参考値程度にしかならないということがよく分かりました

何回か書いてますけど、ウンゼンマン、ウンオクエンと資産額の目標を立てる気にならない理由の一つがこれ

区切りを達成したらもちろん嬉しい気持ちはあるんだけど株価や為替でブレブレの参考値にしかならない
目標値にするのは向いてないと私は思ってます

資産額の下落率は20%

S&P500の下落率が35%ですからまだマシですね

下落率がマシな理由は、全体の中に現金が含まれているからです
投資分だけの下落率は30%近くあります。

こういう時に現金の大事さが分かりますね

1千万円消えとるけどな、グヘー!

現金のありがたさを痛感

私は以前から現金をコア資産の一つと考えています(以下の記事参照)

相場で何が起こっても価値が変わらない現金の安定感たるや、ヤバイっす

前に現金で1,500〜2,000万は用意しておきたいと書きましたが、その気持ちに変わりはありません

十分な現金を用意しておくことが自分の投資手法の中ではとても大事

その外で何が起ころうが、今回みたいな暴落でも動揺せずに済んでいます

動かざること山の如し

、、嘘です

さすがにまあまあ動揺してます
ウハー!

下落事にこそ自分のリスク許容度がわかる

私は資産の70%以上を株式で保有していて、リーマンショックや金融恐慌が来たときのシミュレーションは頭の中や、ブログの中で何回かやっていました

この記事では資産額が60%くらいは下がる結果になってます

今のところ下落率20%ですから、まだあと3倍下がるの?ふえーん!!

ネット上では市場から退場する人がどんどん増えています

Twitterでも悲観論が広がってますね

1ヶ月前まで米国株の爆上げに沸いていた人たちが一気に消えてしまいました

いやいや、まだまだこれからやろ
ここからあと3倍下がるでー!ギャース!

やはり暴落時にこそ自分の本当のリスク許容度が分かりますね

頭で理解してても、心が下落に追いつかないと辛いです

ウヘー!とか、ぐはー!とか言ってますが、今回のコロナショックで自分のリスク許容度にはまだ余裕がありそうだと感じてます(ホントかよ)

ギャース!しているとは言え、コア資産の現金の比率をちょっと下げて一括投資で暴落事の投資を少し勉強してみるかという気持ちです

暴落投資の勉強をOJTで学ぶ

現金比率を少し下げて手持ち資金を投入する

何年後かに暴落から回復した時に投資金額が1.5倍〜2倍になれば成功と考えてます

まずは手始めにこの1ヶ月で60%以上下がった【IVZ】インベスコを買いました

買った途端にさらに下がってます
ぐはー!泣

どうせ、今回の含み損とは長い付き合いになりそうなので、焦らず様子見ながら買って行こうかと思ってます

まとめ

今回は”コロナショックで資産額の1千万円が消失!暴落事にこそリスク許容度が分かるぜ!”について書きました。

今は私のような雰囲気で買う素人投資家には難しい局面です

まだまだ荒れ相場が続いていきそうです
残った人も、退場した人も幸せになりましょう!

関連記事

万が一証券会社が潰れたらどうなるか調べた話です



リーマンショックでは回復までに5年以上かかってます

暴落についての記事一覧

関連アイテム

ブログランキングに登録しています。
クリックしてもらえると大変励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です