【実践】 わらべや日洋ホールディングス(2918)の株主優待が届きました、感想

わらべや日洋ホールディングス(2918) の株主優待が届きました。
優待内容とクロス取引の損益について書いていきます。

わらべや日洋ホールディングスの業務内容

中食(なかしょく)業界では首位。中食とは外食と内食(自炊)との中間だそうです。
Wikipediaでは「中食(なかしょく、ちゅうしょく)とは、家庭外で調理された食品を、購入して持ち帰るあるいは配達等によって、家庭内で食べる食事の形態。」とのこと。

 

セブンーイレブン向けのおにぎり、サンドイッチ等の仕出しを収益の中心にしているそうです。

わらべや日洋ホールディングスの株主優待の概要

100株保有でクオカードが1,000円分もらえます。
100株で1,000円以上のクオカードがもらえる銘柄はお得感ありますねー。

わらべや日洋ホールディングスの株主優待のクロス取引損益

この銘柄ではクロス取引の手数料で565円取られているので、実質利益は435円でした。

 

2月末の権利確定銘柄では、このわらべやHDと、先日株主優待を受け取ったスギHDしか手を出さなかったので、2018年2月末分までのクロス取引銘柄の優待は全て受領済みです。
権利確定から優待を受け取るまで3か月かかりました。

 

まとめ

今回は “わらべや日洋ホールディングス(2918)の株主優待が届きました、感想” について書きました。
2月末の権利確定銘柄の優待は全て受領しましたが、来月からは株主優待の大豊作月である3月末の権利確定銘柄の優待が届く予定なので楽しみです。

 

管理人が行っているクロス取引の詳細については下記に書いています。

 

関連アイテム

 

ブログランキングに登録しています。
クリックしてもらえると大変励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です