他人の人生には興味がないって話

一人ハイキング
先日実家で姉と久しぶりに話し込みました。
姉はアラフォーで独身なんですけど、「親が元気なうちに孫を見せたい」とか「気が進まないけど結婚相談所に申し込む」とか色々悩んでました。
そんな話を聞きながら、
「あー、俺って他人の人生に興味ねーんだなー。」
って気付いた話です。

 

生きる上で一番大事なこと

私が生きる上で一番大事にしたいのは、自分が楽しめるかどうかです。

 

仕事は金を稼ぐことを目的としているので時には楽しくないこともしなければなりません。
まぁぶっちゃけ共働きで今の世帯年収をキープ出来たら今以上に金を稼ぐ必要もないんで、仕事でさえも楽しくないことは極力やりたくないと思ってます。

 

一方でプライベートでは、自分が楽しめない事は絶対やりたくありません。
他人の楽しみのために自分が苦しむなんてのは考えただけでも嫌です。

 

冒頭の姉の話でも出てきましたけど、「親が望んでいるから、、」とか「世間一般の常識が、、」とか最も優先順位が低いアイテムです。

 

結婚も育児も自分がまずは楽しめることを考えますし、結果的にそれがカミさんや娘の笑顔につながると信じてます。

家族も他人

私は親や姉と昔から結構仲が良くて、実家に帰ると深夜まで話し込んだりすることが多いです。気の置けない関係です。

 

しかし私は親の人生や、姉の人生にははっきり言って興味ないです。
元気でやってくれたら、どこでどう生きようが好きにすれば良いと思います。たまに便りをくれれば尚良し。

 

また、カミさんと娘のことは全力で愛してますけど、彼女たちの人生には興味ないです。
好きに生きたらいいと思います。

 

結局死ぬときは一人です。

 

私が興味あるのは自分の人生をいかに楽しく生きるかだけです。
やりたい事をやって生きたい。
その過程で周りにいる家族も含めた他人が幸せになってくれたら、最高だなと思います。

まとめ

今回は”他人の人生には興味がないって話”について書きました。

 

ブログランキングに登録しています。
クリックしてもらえると大変励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です