【実践】 JAL (9201) の株主優待が届きました – 感想

JAL、日本航空 (9201) の株主優待が届きました。
優待内容とクロス取引の損益について書いていきます。
ANAの株主優待とも比較してみます。

 

JALの株主優待の概要

JALの株主優待は搭乗割引券(50%OFF)です。有効期限は1年間。

 

JALツアーの割引券がついた冊子も送付されます。
ANAの優待券冊子と同じく、私はほとんど使ったことありません。。

 

3月の優待は、100株で割引券が1枚、300株で2枚、500株で3枚、、と増えていきます。今回私は300株分をクロス取引で取得しました。

JALの株主優待の換金額

今回は使う予定が無かったので、自宅近くの金券ショップ(大黒屋)に持っていきました。
3,500円 × 2枚 = 7,000円で買い取ってもらえました。

 

先日、同じ金券ショップでANAが2,500円 / 枚だったので4割増しです!
クロス取引の手数料で2,675円取られているので、実質利益は4,325円でした。1銘柄の損益額からすると今までで一番かな。

 

JALツアーの割引券のついた冊子は換金不可でした。ANAの冊子は換金出来たのになー。

 

それにしても、ANAもJALも株主優待が権利日から1か月半で届きました。他の銘柄に比べてかなり早いっすねー、なんでだろ??

まとめ

今回は”JAL (9201) の株主優待が届きました – 感想”について書きました。
マイルを貯めていても3日前には予約しないと国内便に使えないですが、株主優待は直前予約でも割引が使えますから、普段から事前に予約しない人には使い勝手がいいアイテムです。

 

管理人が行っているクロス取引の詳細については下記に書いています。

 

 

関連アイテム

 

ブログランキングに登録しています。
クリックしてもらえると大変励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です