【実践】積立FXってどうなの?? – 現在の保有状況と運用方針

外貨紙幣

私は2018年4月から米国ドルの積立FXをSBI証券で始めています。

保有状況と運用方針は以下の通り。

保有状況:

基本条件:毎月2万円分の米国ドルをFXで毎日積立、リバレッジは1倍、証券会社はSBI証券。

時価評価額:20,614円

損益評価:+213円

 

まだ1か月なのでなんとも言えないが、ちょっとづつ貯まるスワップポイントはお得感がある。アメリカの金利もまだ上がりそうだし、為替手数料(スプレッド)も一般的な外貨預金よりもFXの方が断然安い。
私はもともとFXってリバレッジ高めてリスクの高い取引が基本だから、為替チャートが気になって仕事が手につかないとかマイナスな先入観があったので全く手を出していなかった。
一方で米国ドルを一定量保有して保有資産の通貨を円100% からとにかく分散させたいなぁ、と思っていた。もし同じような考えを持ってる人で外貨預金を考えているなら積立FXをリバレッジ1倍でやるのがおすすめ。

運用方針:

現在の円安トレンドが続いて、1ドル110円を超えたら積立額を下げる予定。1ドル100円と110円をラインとして積立額を上げ下げしながら、5年後には120万円分の米国ドルを保持する計画。

けど、今週もなかなか109円から110円を超えずに粘ってる。超えるならさっさと超えてくれー。(笑)

 

次回の記事:【実践】米ドルの積立FX- 現在の保有状況、積立額を下げました

 

ブログランキングに登録しています。
クリックしてもらえると大変励みになります。


にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です