大塚明夫【声優魂】の感想!迷える子羊は厳しい世界では淘汰されるぞ!

今回は、Twitterで紹介されていた声優の大塚明夫さんの【声優魂】を読んだので、その読書感想文です

大塚明夫と言えば“紅の豚”のカーチス

個人的には大塚明夫の声と言ったらジブリの紅の豚のカーチスが一番印象に残ってます

次は攻殻機動隊のバトーが好きなキャラ

ちなみにナウシカの“クロトワ”(クシャナの部下)も大塚明夫さんの声だと思ってたら家弓家正さんでした

どれくらいの声役をやってるのかWikipediaで数えようかと思ったけど数が多過ぎてやめた 笑

500以上あるんじゃないの?

【声優魂】はそんな大塚明夫が声優志望者に声優になるのはやめておけと全力で諭す内容です

とにかく声優を目指すのはやめておけ

まずは前書きから引用

さて、回りくどいのは嫌いなので結論から申し上げましよう。
本書で私が皆さんにお伝えしたいことはただーつ。


声優だけはやめておけ。


嘘偽りなく、これだけです。

そして第1章の目次がこれ

  • 「声優になる」=「職業の選択」ではない 
  • 声優が多すぎる
  • 声優は自分で仕事を作れない
  • 人気がすべて、だが人気で出世はできない
  • ほとんどの声優はローンが組めない
  • 才能なき声優は、大人の玩具になって終わる 
  • ハイースク·ローリターンの理不尽な博打
  • 「子どもに夢を与えたい」という言葉の傲慢さ
  • 「生産社会」を諦めた人間の行き着く場所
  • 「声優になる」とは、生き方の選択である

分かった?

声優になっちゃダメ!

もはや清々しい(すがすがしい)ですね

とにかくやめとけ!

そして読みすすめていると、いかに声優という生き方(職業ではない。ここポイント 笑)がハイリスクローリターンで割に合わないのか理解できます

それに文章が読みやすいですね
自分で全部書いたんかなぁ、すごいなぁ

これを読んでると島田紳助の【自己プロデュース力】を思い出しました

あの本もすごい読みやすい本でした

島田紳助が細々やってる芸人をスパッとやめさせるためにM1始めたとか、目的がはっきりしてない奴が多すぎるとか、感動する心が大事とか、声優魂との共通点がいろいろありましたね

覚悟はあるか?

全体を通じて大塚明夫的には、
全然自分を脅かすような奴がおらん。。つまらん。。
みたいな感じ

「口では本気でやりたいって言ってるのに行動がないやん」みたいな

確かに今はいろいろな制度が発達して、お金を払って声優養成所に入って卒業したらなんとなく声優になれるような気がする

そしてその考えは会社に入って育成してもらって10年経ったら一人前の企業人になってるサラリーマンと全く同じ考え

まぁ私は完全にサラリーマン側の人間なんですが、、笑

「芸能人みたいなヤクザな仕事がそんな考えでやっていけるわけねーだろ!」
「どうせ声優が俳優より楽に仕事できると思ってんだろ!舐めてんのか!」
ってことらしい

これ読んで逆に思ったのは、
会社員って恵まれてるよなー」ってこと

従うべきルールはあるけど、基本的には少しづつ昇給していくし

組織という枠組みの中であれば好き勝手やる方法はあるし

行動を起こさなくても何とか食っていける、生活できる

一方で声優とか役者の道は、行動を起こし続けないと食っていけない

行動起こしても食っていけない人がゴロゴロいて、それでも楽しめるヤツだけが生息する世界

厳しいねー

だから本書でも書いてましたけど、一番恐ろしいのはサラリーマン的な感覚で声優になった人だろうね

基本的に育てられたい人は、食い物にされてポイッと捨てられちゃう

自分の人生における信念はなんなのか?

最終章でも強調されてましたが、結局自分が生きていく上で譲れないものがハッキリしないから弱いんですね

コレだけは譲れないものがある人は強い

自分はどうですかねー、
ハッキリしねーなー、、笑

昔は「仕事で自己実現するんだ!」と思ってましたけど、結婚して子供が出来てまたちょっと変わってますね

かと言って「家族が一番!」「子供が一番!」とかもなんかピンと来ないと言うか

子供の人生は子供のもんやん?
俺の人生ではないし

今これを書きながら思ったのは、優先順位をハッキリしないまま生きていくのも、それはそれで自然なことなのかもしれないなぁと

譲れないものがハッキリした方が生きていく上で強いし、ドンドン先に進んでいく

けど迷ってるなら急いでハッキリさせる必要もないのかもね

ただ迷うことが許されない世界で生きていくなら、食い物にされる前に決めないといけませんね

関連アイテム

関連記事

【うたえほん】の感想文です。だいぶ曲がわかるようになってきました

 

本業を頑張ろうと思える【私の財産告白】

ブログランキングに登録しています。
クリックしてもらえると大変励みになります。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です