子供のジュニアNISAを開設したぜ!

前から開設しようと思っていた子供のジュニアNISAをやっと開設できました

何を買おうか悩んでいるところです

子供のジュニアNISA口座を開設!

以前、子供にお金の木をプレゼントする記事を書きました

過去記事
子供の誕生日に米国ETFの【VT】を【お金のなる木】としてプレゼントしたい!

まだ10歳になるまで時間はありますが、その前準備としてジュニアNISAを開設する手続きを始めました

子供とは言え他人の口座を作るのは初めての経験です

証券口座を開設するために銀行口座が必要

今回はSBI証券でジュニアNISAの開設をしています

成年でも未成年でも同じですが、証券口座を開設するためにはその口座に入出金する銀行口座を登録する必要があります

まず銀行口座がないと証券口座も開けない
という事で2歳の子供のために銀行口座を開くことから始めました

乳幼児の銀行口座はメガバンクしか開設出来ない

金利とか管理のしやすさとかを考えてSBI証券の母体である住信SBIネット銀行で開設しようと思いましたが無理でした

そこでメガバンクの口座を開設することにしました

メガバンクでは乳幼児の口座開設が可能です

窓口に行って子供のマイナンバーカードやら印鑑やら必要書類を提出したらあっさり開設できました

因みにキャッシュカードは1週間後に送付されてきました

銀行口座が出来たらジュニアNISAを開設

銀行口座が準備できたのでジュニアNISAが開設できます

申し込み書類をネットで申請して、郵送されてきた書類に書き込んで、、
うじゃらこじゃら、、

実は提出書類に不備があって、返送されて来たので再度提出しました

結局、準備を始めてジュニアNISA開設までに2ヶ月くらいかかりました

ジュニアNISAで何を買うか

さて何を買うか、
これが問題

先ほど書いた通りVTは買うんですけど、子供にプレゼントするのは10歳になる頃だからまだまだ時間があります

あとジュニアNISAは2023年12月末で廃止されます

だからVTを買うなら廃止される前に買っておかないと、廃止後は新規購入できません

それにしてもまだ3年以上は時間がある

2022年、2023年に通算100万円のVTを買う

私の場合、締め切りとしてジュニアNISA廃止手前でプレゼント用のVTを買わないといけません

ジュニアNISAは年間最大80万円まで売買できるので、2022年に20万円、2023年に80万円分のVTを買うのはマスト

となると、残り投資枠は

  • 2020年:80万円
  • 2021年:80万円
  • 2022年:60万円
  • 合計:220万円

となります

今からVTをガンガン買うか?

とか言いながら、実際には投資枠いっぱいまで自分用にVTを買って、子供が10歳になったら1万ドル残して売却しようとか色々考えます

そうすれば全部で320万円分のVTを10年弱保有出来て、そこで得られる売却利益と配当金を非課税で取得できます
(当然マイナスになる可能性もあるけど、そこはいつも通り「エイヤ!」ですわ)

どうしよー

そもそも新たに買えるほど手持ちの資金がないんだよね

何かを買うには何かを止めないといけない

今やってるVOOの積立を3年間ストップしてVTに振り替えるか

だったらVTやめてVOOをジュニアNISAで買うか、、

けどなー、

子供にあげるなら世界分散のETFをあげたいんだよね

『世界中の企業が詰まったお金のなる木』って言いたいから

米国企業だけやったら、個人的になんかグッとこない 笑

もう少し悩むつもりです

関連記事

成人は【一般NISA】か【つみたてNISA】を使うことになりますね
【一般NISA】か【つみたてNISA】か?悩んだ結果、選んだ運用方法は?

育児のイライラをジュニアNISAで解消してるかも?
【考察・実践】育児のイライラの原因とイライラを少なくする方法とは?

関連アイテム

ブログランキングに登録しています。
クリックしてもらえると大変励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です